八女茶の美味しい淹れ方

いつもどんなお茶の淹れ方をしていますか。日本茶は心遣い一つで驚くほど味が変わります。美味しいお茶を淹れるには、注ぐお湯の温度と蒸し方、茶葉の量の3つが鍵となってきます。ここでは茶葉の種類ごとの基本的な淹れ方をご紹介します。同じ種類の茶葉でも質によって味が異なります。好みの濃さや自分に合わせたお茶の味をお楽しみください。

玉露の淹れ方

1. お湯の温度を下げる

沸騰させたお湯を人数分の茶碗か湯ざましに注いでお湯の温度を下げる。湯量の目安は3人分=60cc程度。

2. さらに温度を下げる

1のお湯を急須に移し、これを再び茶碗に戻しておき、適温の60〜65℃まで温度を下げる。

3. 茶葉はたっぷりと

急須に茶葉を入れる。他のお茶に比べ、お湯の量に対してたっぷりと使う。

4. じっくりと蒸らす

冷ましておいたお湯を急須に注ぎ、蓋をして1分半~2分じっくりと蒸らす。

5. 最後の一滴まで注ぎ切る

茶碗にごく少量ずつ注ぎ分け、最後の一滴まで注ぎ切る。2煎目は70℃で1分、3煎目は80℃で30秒程度を目安に。

煎茶の淹れ方

1. お湯の温度を下げる

沸騰させたお湯を人数分の茶碗か湯ざましに注いでお湯の温度を下げる。
(注ぎ入れるだけで約10度下がる)

2.茶葉を急須に入れる

茶葉はティースプーン1杯分=約2gを目安に適当な量を量って入れる。

3.冷ました湯を急須へ

1で冷ましておいたお湯を急須に入れて、蓋をして45秒から1分蒸らす。

4.最後の一滴まで注ぎ切る

味が均等になるように少量ずつ注ぎ分け、最後の1滴まで注ぎ切る。

2煎目以降はお湯の温度をやや高め(85〜90℃)にし、蒸らす時間もやや短くするのがおいしく飲むコツ。

ほうじ茶・番茶の淹れ方

1. 急須と茶碗を温める

急須、茶碗とともに熱湯を注いで温めておく。

2. 茶葉を急須に入れる

急須のお湯を捨て、茶葉を入れる。

3. 熱い湯を一気に入れる

沸騰したお湯をそのまま一気に急須に注ぐ。

4. 約30秒蒸らして注ぐ

蓋をして約30秒蒸らし、温めておいた茶碗のお湯を捨て、味が均等になるように注ぎ分ける。

2煎目以降は
2煎目以降もお湯を必ず沸かし直して熱湯でサッと淹れる。

冷茶(水出し煎茶)の淹れ方

鮮やかな色合いと自然のままの甘みが楽しめる水出し煎茶。 お子様にも喜ばれています。

1.冷水ポットに水とティーバッグを入れる

水1リットルにティーバッグ2~3個を入れる。好みにより加減する。

2.一度シェイクする

中がこぼれないように注意しながら、ティーバッグが水に浸るようによくかき混ぜる。

3.冷蔵庫で冷やす

約1〜2時間冷やしてお飲みください。急須に1パック入れ、お湯を注ぎ、氷の入ったグラスに注いでもおいしい冷茶になります。

八女茶ティーバッグの淹れ方

1.お湯を沸かす

水道水の場合は、沸々となるくらいまでカルキを飛ばし、熱湯90℃くらいに沸かす。

2.カップに注ぐ

カップ、又はティーポットにティーバッグを入れ、香りと味を逃がさないよう、ティーバッグを振らずにじっくりと蒸らす。ティーポットの場合は、できる限り高い位置から空気を含ませるようにして注ぐとおいしくいただける。

お茶のおいしさの決め手は「水」にあり

繊細な日本茶の味を引き出してくれる水選びはとても大切です。
日本茶にはまろやかで優しい日本の軟水が適しています。
外国産の水はお茶本来の風味が出にくいため向きません。
市販のミネラルウォーター(軟水)でも良いのですが、水道水でも十分。
水道水なら一晩汲み置きをし、その上澄みだけを使います。
国産のミネラルウォーター、浄水器で濾過した水、水道水などどのタイプの水でもよく沸騰させ、水道水は消毒のための塩素(カルキ)の臭みを完全に取り除いてから使います。

お茶の賞味期限・ご家庭での保存方法

デリケートな茶葉のおいしさを保つために

  • 直射日光を避ける。
  • 急激な温度変化が少ないところで保管する。
  • 高温多湿は避け、低温で保管する。
(開封前)

賞味期限は、開封していない状態で製造から1年です。
食品や香りの強いものなど、匂いがつかないように注意します。

(開封後)

冷蔵庫や冷凍庫での保管は食品の匂いがつきやすく、味を損なうためおすすめできません。茶葉は空気に触れるとそこから酸化が始まり、香りと風味が徐々に失われていきます。購入したパッケージのまま密閉し、開封後はなるべく早めにお召し上がりください。

心なごむ、お気に入りのお茶道具を選びたい

温かい手触りの陶器、上質で繊細な磁器、気分を盛り上げてくれる脇役の小物たち。とっておきのティータイムを演出する美しく機能的なお茶グッズで心の贅沢を楽しんで。

上手にセレクトしたい、急須・湯呑み・湯ざましのお茶セット

急須は陶器がおすすめ。茶葉の渋みを吸い取ってくれます。
萬古焼や常滑焼に使われる土には鉄分が含まれ、体にもよく茶器には最適です。
茶器は白いものが目にも鮮やかなお茶の色を楽しめます。
茶葉の香りを逃がさないようにするには適度に下げてくれる湯ざましが必要です。
冷ましやすい陶器のものを選びましょう。

季節ごとに衣替えしたくなる、色柄とりどりの茶缶

お正月にはめでたい一服百笑、新茶のシーズンには桜、夏は金魚や朝顔などデザインのバラエティが豊か。開封したら密閉し、お茶パッケージごと入れて保管します。サイズは用途で使い分けましょう。

毎日使う小物だから、握りやすく手になじむものを

茶葉の分量を正しく量ってお茶を飲んでいますか。味の濃さがマチマチだったり、渋かったり。せっかくのお茶の品質を台なしにしてしまわないよう茶さじを使いましょう。秋田産の柿の木の皮でできた軽くて丈夫なタイプはおもてなしのときに、ナスの絵柄で遊びこころたっぷりの茶さじは普段づかいにぴったり。